ホンダ S2000

S2000 ホンダ最後のFR

ホンダ・S2000

 

ホンダの車というとFFレイアウトを持つというのが定番ですが、あえてFRレイアウトを持たせて作られたのがこのS2000というモデルです。

 

このモデルはマツダのロードスターのような2シーターオープンスポーツモデルとして作られているものですが、ロードスターよりクラスが一つ上となる2リッタークラスのスポーツモデルとなっています。

 

それもどちらかというとオープンクルージングを楽しむという方向性ではなく、本格的に走りを楽しむためのスポーツモデルといった傾向が強いように思えます。

 

エンジンは2リッター直列4気筒DOHCエンジンと平凡なものですが、ホンダ独自のカムプロフィール切り替え機能であるVTECとレーシングエンジンの開発技術をフィードバックした形となる9,000rpmまで回るエンジンとして仕上げられた結果、NAエンジンながら250psを発生することができています。

 

このエンジンはマイナーチェンジによって、ロングストローク化されたことによって2.2リッターとなりましたが、その分、レブリミットが8000rpmにまで引き下げられてしまい、更にエンジンパワーも242psにパワーダウンされてしまいました。

 

今からこの車を買うのであれば、やはり2リッターエンジン時代の前期モデルがいいでしょう。

 

やはり9,000rpmまで回るエンジンはやはり大きなメリットでVTECが高回転型のカムプロフィールの変わった瞬間はあたかもドッカンターボエンジンでブースト掛かったかのように感じるぐらい、パワーを体全体で感じることができるのです。