86 トヨタが発売する唯一のスポーツモデル

トヨタが発売する唯一のスポーツモデル86

現在、トヨタが発売する唯一のスポーツモデルがこの86です・・・といってもこの車のほとんどの部分というかすべての部分がスバルの部品で作られています。

 

このモデルはトヨタ主導のもと、事実上の子分にあたるスバルとの共同開発という形で作られて、トヨタでは86として、スバルではBRZとして販売されているものです。

 

共同開発といっても企画とエンジンに採用されている直噴技術以外のほとんどがスバルが持つ既存の技術を使って作られているものですので、スバルの車のOEM供給を受けているといっても過言ではないでしょう。

 

エンジンはもちろんスバルの水平対向エンジンで、既存のFB20型エンジンを改良して作られたFA20型エンジンを搭載しています。

 

残念なのがNAエンジンであること、これは2リッタークラスのスポーツモデルとしては致命的な部分であって、そういった形になった理由は、企画をしたトヨタが燃費悪化によって販売台数がすくなることを懸念したこと、そしてトヨタで販売するにあたって、ハイブリッドモデルを作り販売しているエコな企業というイメージを大きく崩す可能性があったからです。

 

2リッタークラスといえばターボエンジンで300ps以上をたたき出すのが一般的で、その中でいくらNAエンジンというくくりを付けても200ps前後のパワーでは魅力は大幅に減ってしまいます。

 

そしてもう1つ、魅力を失う大きな原因となっているのが、現在でも大人気となっているAE86をダシにした販売戦略です。

 

確かにNAエンジンにFRレイアウトスタイルを持つスポーツモデルということは同じですが、AE86のように走りを楽しめる、振り回して遊ぶといった車としては作られておらず、更にAE86のように若年層が気軽の買える価格帯でないことから、単なるおじさんの遊び車となってしまいました。

 

そのため、トヨタの車として非常に残念な結果となってしまいました。