FR車種一覧

FR車種一覧記事一覧

現在、トヨタが発売する唯一のスポーツモデルがこの86です・・・といってもこの車のほとんどの部分というかすべての部分がスバルの部品で作られています。このモデルはトヨタ主導のもと、事実上の子分にあたるスバルとの共同開発という形で作られて、トヨタでは86として、スバルではBRZとして販売されているものです。共同開発といっても企画とエンジンに採用されている直噴技術以外のほとんどがスバルが持つ既存の技術を使...

正真正銘のハチロクとなるのがこのAE86です。AE86は型式で、車名としては、カローラ・レビン、スプリンター・トレノというカローラベースの兄弟車の一部のモデルだけのものとなります。カローラシリーズと販売チャネル違いの兄弟車のスプリンターシリーズには過去から若年層向けのスポーツモデルとしてカローラ・レビン、スプリンター・トレノというモデルがありました。ベースはもちろん大衆車のカローラということになり...

トヨタが過去に生産していた大型FRスポーツモデルがスープラです。スープラという名前はもともとセリカが高級モデルとしてセリカXX(ダブルエックス)というものを作り、それを北米で販売するときにつけた北米仕様のネーミングなのですが、1986年に行われたセリカシリーズのフルモデルチェンジによって、若年層向けの廉価モデルとしてセリカ、高級志向の大型GTモデルとして先代モデルまではセリカXXと呼んでいたものを...

旧日産が古くから販売してきたスポーティー志向な中型モデルのシルビア、カルロスゴーンによって生産終了とされるまで7代のモデルを作って来たわけですが、初代モデルから4代目モデルまでは鳴かず飛ばずの人気で、当時のライバルであるカローラレビンなどに後れを取っていました。しかし、カローラ・レビンやスプリンター・トレノがFF化されたこととちょうどよくフルモデルチェンジを行ったことから1988年に発売されたS1...

日本の代表的なGTカー、スポーツモデルと言えるのが日産のフェアレディZです。このモデルはもともとはオープンモデルとして作られたダットサン・フェアレディの後継モデルとして作られました。初代モデルのS30に大人気ぶりにうってかわって、排ガス規制によってつまらないモデルとなってしまったS130、構造としては先進的なものを持っていた割にはエンジンパワーがなく、GTに振りすぎたためにいまいちとなったZ31と...

日本であまり売れない車としてよく言われているオープンモデル、それにあえて挑んだ形で発売されたのがマツダのロードスターでした。オープンの状態を日常とし、雨が降った時だけに幌を閉めるといった使い方をするのがロードスターですが、その車の形態を車種名としたことで強烈なインパクトを与えた形で発売されました。しかし、これまでのロードスターの需要傾向を見るとどうやらロードスタースタイルで乗ることは少なく、FRラ...

ホンダの車というとFFレイアウトを持つというのが定番ですが、あえてFRレイアウトを持たせて作られたのがこのS2000というモデルです。このモデルはマツダのロードスターのような2シーターオープンスポーツモデルとして作られているものですが、ロードスターよりクラスが一つ上となる2リッタークラスのスポーツモデルとなっています。それもどちらかというとオープンクルージングを楽しむという方向性ではなく、本格的に...

世界で唯一のロータリーエンジンを市販車両に採用していたマツダ、そのマツダがロータリーエンジン搭載のスポーツモデルとして発売したのがRX-7でした。RX-7の前にサバンナにロータリーエンジンと搭載した、サバンナRX-3というモデルがありましたが、このRX-7はそのモデルの後継モデルとなります。初代モデルこそ12A型エンジンという少々扱いに困るものが搭載されていましたが、2代目モデルFCからはRX-7...

page top