おすすめのFR中古スポーツカー

FRだけで味わえる運転の楽しさ

FRは国産車の古くから用いられているエンジン・駆動系レイアウトで、FFが全盛となるまではメインのレイアウトとして用いられていました。

 

FRレイアウトの「F」は「フロント・エンジン」、「R」は「リヤドライブ」ということで、エンジンを車のフロント部におき、後輪をリヤタイヤとするものです。

 

FRレイアウトの場合は、フロントにあるエンジンルームの中にエンジンを縦置きにし、その後ろにトランスミッション、そこからプロペラシャフトを介して、デファレンシャルギヤに動力を伝え、そこから左右にわけたドライブシャフトを回転させることよって走るという構造持ちます。

 

中には少数派としてFFレイアウトのようにエンジンを横置きにしたFRレイアウトを持つものがありますが、特殊な例といっていいでしょう。

 

FRレイアウトの最大のメリットは操舵輪と駆動輪が分かれていること、要するにフロントタイヤで車の向きを変え、リヤタイヤで駆動力を伝えるという完全に作業の分担ができていることです。

 

そのため、タイヤの性能をフルに使うことができ、高い走行性能をもたらすことができるのです。

 

重量バランスも比較的よく、多少なりともフロントヘビーになるのは仕方がありませんが、トランスミッションがドライバーズシートに位置になりますし、デファレンシャルギヤもリヤアクスルにつけられることになりますので、FFに比べると若干、後ろ側に重量がかかることになります。

 

走りに関しては、基本は素直なものとなりますが、駆動輪をリヤタイヤとするため、例えばコーナーリング中の姿勢制御をアクセルペダルの踏み方でコントロールすることができ、アクセルペダルの踏む量が少ない時は弱アンダーステアとなり、アクセルペダルをたくさん踏んで、リヤタイヤをリバース気味にすれば、オーバーステアに持ち込むことができ、一気に車の向きを変えることができます。

 

その極端な形がドリフトですが、ドリフトにおいても姿勢制御をステアリングではなく、アクセルペダルの踏む量で調整していることからもFRレイアウトの持つ車の特性を知ることができるでしょう。

 

トラクション性能も、駆動輪が後ろにあり、荷重がリヤタイヤにかかることから強力なトラクションを生むことになり、ドラッグレースに使うマシンのすべてが後輪駆動であることでも理解できると思います。

 

ただ、構造上プロペラシャフトがキャビンのフロアの下を縦に走ることから、フラットなキャビンを作ることが難しく、インテリアのレイアウトにも制約が出るため、広いキャビンと低いフロア高を売り文句とするファミリーカーやミニバンなどには向きません。

おすすめのFRでMTのスポーツカー

FR車となるとどうしても車の年式が古くなってしまいます。

 

それは国産自動車メーカーがFRレイアウトを捨て、FFレイアウトを積極的に採用するようになったからです。

 

とりあえず現在でもかろうじてFRレイアウトを持つスポーツモデルが数社から発売されてはいるものの、オーナーを選ぶような車ばかりで、一昔前のように選びたい放題というわけにはいきません。

 

ただし、中古車市場であれば、まだFRモデルが使われていたころのモデルがたくさん存在するので、どうしてもそういった中から選ぶ形になるでしょう。

 

ぜひ乗っていただきたいと思うモデルですが、古めのものであれば、カローラ・レビン、スプリンター・トレノのAE86型は無視することができないでしょう。

 

1.6リッターDOHC・NAエンジンということでエンジンパワーとしては現在のファミリーカーとほとんど変わらないものとなりますが、軽量で小さなボディ、リジットサスペンションゆえに限界の低さからくるコントローラブルなコーナーリング特性、チューニングパーツが豊富なことなどから、今でもかなりの人気となっており、アニメの影響もあって、今ではFRスポーツやドリフトの代名詞となっています。

 

中古車価格も驚くような金額となり、ノーマル状態で400万円ぐらい、ターボキットやボアアップ、フルチューンされたエンジンを搭載したいわゆるチューニングモデルとなると500万円を超すものもあるようです。

 

維持費も1.6リッターエンジン、軽量ボディということで自動車税、自動車重量税も安いので、維持するうえではそれほど難しくはないかと思います。

 

パワー重視であれば、日産のフェアレディZやトヨタのスープラがいいでしょう。

 

フェアレディZは、現在のNAエンジン搭載するモデルではなく、280psのV型6気筒ツインターボエンジンを搭載するZ32型、スープラは最終モデルの同じく280psの直列6気筒ツインターボエンジンを搭載したモデルがいいでしょう。

 

共にチューニングすること考えたうえで買うことになり、購入後もお金がかかりますが、購入に至ってもどちらも平均して300万円以上ぐらいしますし、3リッターオーバーモデルなので、自動車税が非常に高くなってしまうので、そういった維持費を払い続けることができるかということも考えて購入計画をしておきたいものです。

FR車番外編「こんな車もFR」

FRといえばスポーツカーやクーペをイメージしますが、軽トラックやハイエース、キャラバン等の商用バンも実はFRなんです。

 

スポーツカーには敵いませんが意外と軽快なハンドリングが楽しめます。ハイエース 買取ならディーラー下取りよりも海外輸出している専門店で査定してもらった方が格段に高く売れます。

 

特にトヨタはどんな車種でも世界中で人気なので、86やスープラを売却するなら輸出業者にも査定してもらうのがおすすめです。